一眼レフのモード 〜 一眼レフ

main_top_over_navi
main_top

一眼レフのモード


一眼レフには様々なモードが搭載されています。もちろん各メーカーによってそれは異なりますが、いずれにせよこのモードをうまく使いこなすことが、綺麗な写真をとるためのポイントです。各メーカーによってモードの名称は異なります。まずはマニュアルでどんなものがあるのかを確認しましょう。

モードを操作するということは、例えば、スポーツしている様子を撮影したいのであれば、スポーツモードなどに切り替えるなどです。他にも、夜景を映したい場合は夜景ポートレートなどを選ぶことができます。モードを変えると具体的に何が変わるのかというと、背景のぼかし具合やシャッター速度が変わってきます。例えば、スポーツモードにするとシャッター速度が速くなり、連写が可能になるなどします。また、夜景ポートレートでは夜景だけでなく一眼レフカメラの前にいる人物などもはっきりと映しだせるなどの特徴があります。各モードの特徴は知っておいたほうがより便利でしょう。

モードをうまく利用すると、ピントが合わせやすくなります。人物なしの風景を撮りたい場合には風景モードなどに切り替えると、一眼レフで撮影した範囲内全てのピントを合わせられます。それに人物が入る場合は、人物モードにすると、人物をメインにピントを合わせ背景をぼかすポートレート撮影が可能です。撮影シーンに適した変更をすることがきれいな写真を撮影できるポイントです。

何のモードが一番適しているのか分からないという人は、全自動モードを利用してもいいでしょう。一眼レフが勝手に一番良いものを判断し、必要であればストロボを使った撮影をしてくれます。より良い撮影をしたいのであれば、モード変更+他機能の微調整も覚えておくとよいでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 一眼レフ All Rights Reserved.

お笑い芸人