一眼レフのレフ板 〜 一眼レフ

main_top_over_navi
main_top

一眼レフのレフ板


一眼レフに限らず、撮影をする時にはレフ板を用意すると便利です。レフ板とは、光を反射させる板のことです。実際に使ったことがなくても、目にしたことがあるという人は多いでしょう。大きな板を想像する人もいるかもしれませんが、今はとてもコンパクトなものが販売されています。レフ板には折り畳み式のものもあって、旅行などでも荷物の負担にならないものもあります。用意できなければ、白い紙でも代用できます。是非一度利用してみましょう。

レフ板の価格は、小さいものであれば1,500円?2,000円程度です。大きくなるほど高くなり、1mを超えるくらいの大きさになると1万円以上のものもあります。他にも、一眼レフ用の撮影ライトなども販売されています。これは価格も高い上持ち運びも不便なので、まずはレフ板から検討してみるといいでしょう。特に、外での撮影で太陽の光が足りない時に役立ちます。フラッシュを使うと自然な写真とは違う印象になってしまうので、より自然な色合いを出したい場合は、レフ板のほうが向いているといえます。

レフ板の角度は、写真をどれくらい明るくしたいのかによって調整する必要がありますが、離したり近付けたりという手間を加えることでも、自然な光加減を作ることが可能です。近年人気があるのは、レフ板の裏と表が金・銀になっているものです。白より銀のほうが光を反射しやすく、より明るい写真を撮ることができます。金のほうは一眼レフで人物を撮るのに向いており、顔の色を少しオレンジっぽくして健康的に見せる効果があります。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 一眼レフ All Rights Reserved.

お笑い芸人