一眼レフのレフ板を作ろう 〜 一眼レフ

main_top_over_navi
main_top

一眼レフのレフ板を作ろう


一眼レフでの撮影をするとき、できれば用意したほうがいいものがあります。それがレフ板です。専門的な道具泣きもしますし、わざわざ使っていない人も多いと思います。しかし、写真の出来栄えはレフ板を使ったのと使わないのとでは全く違います。興味のある方もいるかと思いますが、価格もそれなりにするものです。ですから、まず買うことに躊躇してしまいますね。しかし、自分で作ってみても結構です。意外にも簡単に作ることができます。

レフ板を作るとき、一般的によく使われているのはホワイトボードです。100円ショップでも販売されています。もちろんこのままでもレフ板の役割を果たしてくれますが、更に使いやすくするためには、これに切り込みを入れて真ん中から折り曲げるのもおすすめです。それから、もう一つの代表的な作り方としては、アルミホイルを使った方法もあります。これは、ホワイトボードではなくダンボールでもOKです。ダンボールとアルミホイルが家にある場合は、タダで作ることもできますね。その作り方も、ダンボールにアルミホイルを貼るだけなので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

市販されている一眼レフのレフ板を見ると、裏面が金色になっているものもあります。これも、金色の紙を貼るだけで同じ効果が得られます。金色の折り紙を貼りつけることでOKなのですが、ホームセンターなどに行けば大きな金色の台紙が100円?300円程度で売られていますから、こちらを利用するとより簡単です。どの方法で作ったとしても、市販されている一眼レフのレフ板を購入するよりは数倍安く作ることができます。まずは、自分が簡単に用意できそうな材料で作れるものから、試してみましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 一眼レフ All Rights Reserved.

お笑い芸人