一眼レフの持ち運び 〜 一眼レフ

main_top_over_navi
main_top

一眼レフの持ち運び


一眼レフを持ち運ぶ際は、カメラ用のバッグに入れて持ち運びましょう。写真撮影のために出かけるという場合は別ですが、旅行のついでに一眼レフでの撮影を検討している人には、他の荷物も増えることになり大変です。できるだけカメラ用のバッグを持ち歩かずに移動したいという人におすすめの方法が、旅行バッグに入れる方法です。

一眼レフを鞄に入れる際には、ただ入れるだけではなく厚めのクッション性がある服などで包みようにしましょう。旅行が目的であれば、持っていく服の中で一番厚くてクッション性が高いものを選んでそれでレンズやカメラを包みます。あとは、現地で持ち歩く用の小さなショルダーバッグさえ持っていけば、荷物を最小限に抑えることが可能でしょう。一眼レフのことをしっかり考えたいのならば、出かける時も帰る時も専用のバッグに入れるほうがもちろん良いのですが、上記の方法でもそれなりの衝撃には耐えられます。

一眼レフを持って飛行機に乗る場合は、できれば機内に持ち込むことをおすすめします。飛行機で一番衝撃があるのは、飛び立つ時と着陸する時です。客席はシートベルトなどで固定されますが、荷物置き場はどうなっているかわかりません。もしかしたら、他の人の荷物がぶつかっている可能性もありますから、自分で持っていたほうが安心です。この時ばかりは、小型のバッグに移して手持ち荷物としましょう。他には、コロコロがついたかばんの中でも、その程度の衝撃ならば傷つくことはまずありません。服に包んだりせずに他の荷物と一緒に入れたい場合は、最低限でも緩衝材の仕切などを使用しましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 一眼レフ All Rights Reserved.

お笑い芸人