一眼レフの修理 〜 一眼レフ

main_top_over_navi
main_top

一眼レフの修理


一眼レフは、カビが生えやすいものです。修理に出すケースでもカビが原因というトラブルが最も多いそうです。

交換用レンズにカビが生えてしまうこともあり、特に湿気が多いところでの保管、もしくは湿気が多い日に撮影をしてそのまま保管するなどはしないように注意しましょう。

数年前に使っていた交換用レンズを出してみたらカビが生えていて使いものにならなかった、というケースは多々あります。そんなときは、修理に出す必要があります。

一眼レフカメラの修理を行う店舗でも、修理できるものとできないものがあります。部品がない場合には、その店舗では受け付けが不可能なので、即ちにほかの修理屋さんをあたってみましょう。特に上記で紹介したカビは、なかなか受け付けてくれるところがないといわれます。

メーカーの修理でさえ断られることも多いそうですが、インターネットを使えば一眼レフのカビに強い修理屋さんも見つかることでしょう。まずはどこがどう壊れているのかを伝えるために、電話で問い合わせをしてみましょう。

修理を行う店舗には、型番やメーカーなども聞かれるので、すぐに答えられるようメモを取っておくといいでしょう。インターネットで見つけた一眼レフの修理屋さんに送る場合、手元に返ってくるまでの時間は違います。故障の場所や程度にもよりますが、最低でも一週間は預ける形になると思っておきましょう。

また、料金もメーカーや修理の内容によって大きく違います。交換用レンズの修理などは、新しいものを買ったほうがお得というケースもありますから、新品や中古に買い替えた場合と、修理に出した場合とではどちらがお得なのかも検討したほうがいいでしょう。


ハードディスクのトラブルならこちらのサイトもご覧ください。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 一眼レフ All Rights Reserved.

お笑い芸人