一眼レフのバッグ 〜 一眼レフ

main_top_over_navi
main_top

一眼レフのバッグ


一眼レフカメラを、首や肩から吊るさずにバッグに入れて持ち運びたいという人は、カメラ用のバッグを購入したほうがいいでしょう。例えば、旅行にカメラを持っていく場合、普通の旅行バッグに入れてしまっては傷がつくお恐れもあります。一眼レフは、高価で繊細な道具です。ですから、持ち運びにも十分気を遣わなければなりません。

一眼レフカメラと同時に、他に持ち歩く荷物が多いという場合はリュックタイプのバッグが人気です。普通のリュックサックのように背中にかけるのではなく、後ろにクロスしたベルトがあり、腰部分にカメラが来るようにしょう、というのが一般的になっています。各カメラメーカーからは、一眼レフ用のバッグも販売されていますが、デザインが気に入らないとか、安いものが欲しいという声も多いもの。そのカメラに合うサイズのバッグを自分で探しましょう。

一眼レフをしまうバッグは、クッション性がありカメラを保護できるものを選ぶことが基本です。リュックの他にはショルダータイプもあり、荷物を持ち歩くのが面倒でない人にはこちらが人気です。いくつかのレンズを持っていくという場合は、カメラの収納とは別にレンズを収納できるポケットが十分についているものを選ぶほうがよいでしょう。

バッグにカメラを入れる時の方法については、レンズに傷が付かないように入れるというのが基本です。レンズを付けたままでしまうと、どうしてもバッグの生地がレンズに接触してしまったりします。取り外して別に収納することが基本です。一眼レフのタイプにもよりますが、そのまま入れても問題ないものもあります。そのようなときにも、レンズが上向きになるようにしまうことを忘れずに。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 一眼レフ All Rights Reserved.

お笑い芸人