一眼レフのメリット・デメリット 〜 一眼レフ

main_top_over_navi
main_top

一眼レフのメリット・デメリット


一眼レフは、他のデジタルコンパクトカメラと比べて、メリットやデメリットはもちろんあります。メリットでまず最初に挙げられるのは、視差と呼ばれるものがないことです。ファインダーで覗いたままの構図で撮ることができるので、ファインダーを覗いたときの様子と実際の写真との細かいズレが気になるという人にはおすすめです。
また、レンズ交換ができることもメリットに挙げられます。何台もレンズが違うカメラを用意する必要もありません。

一眼レフにはデメリットもあります。まず、内部の構造が複雑という点です。通常のコンパクトデジカメよりも撮れる写真は綺麗なのですが、使い勝手はその分重いので、軽さ・コンパクトさを求める人には向かないといえます。シャッターを切る時の音もデメリットに感じる人もいます。製品によってはシャッター音が大きく気になることがあります。また、他の種類のカメラに比べて、手に伝わる振動も大きいといえます。どのモデルを使うかによっても変わりますが、それに不快感を感じる人もいることは確かです。購入を検討するときには、シャッターを切ってみて確認をするなどしてから購入を決める方がよいでしょう。

また、価格も高めです。レンズについては、種類を大量に揃えなければ使えないというわけではありませんから、まずは最低限の少量から始めてみるといいでしょう。実際に一眼レフを使っている人の多くも、持っているレンズの数は2本が一番多いそうです。一眼レフを使うかコンパクトデジカメを使うかは、それぞれのメリット・デメリットを比較して決めましょう。写真の質にこだわりたい人は一眼レフ、手軽さに拘りたい人はコンパクトデジカメが向いているでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 一眼レフ All Rights Reserved.

お笑い芸人