デジタル一眼レフとは 〜 一眼レフ

main_top_over_navi
main_top

デジタル一眼レフとは


デジタル一眼レフカメラというのは、簡単にいうと「カメラのレンズを交換することができるデジカメ」です。通常のデジカメとは異なる点がいくつかあります。また、デジタルという名前がつくことによって、フィルム部分はデジタルになります。パソコンでの操作や管理、写真印刷などが楽なので、最近では普通の一眼レフよりもデジタルの一眼レフを選択するという人が多いです。

デジタル一眼レフは、カメラ大手のメーカーの中でもまだ開発中というところが少なくありません。ですから、種類はそれほど多くない中から選ぶことになります。しかしきれいに写真をとりたい、データ管理をしたいという人はデジタルから選択するといいでしょう。今までコンパクトデジタルカメラを利用していた人でも、デジタル一眼レフにすることによって、更に深い画質が実感できるはずです。もちろん、通常のカメラにも画素数の多いものはたくさんあります。しかし、一眼レフだと一般的なコンパクトデジタルカメラでは表現できない色までがはっきり表現できるのです。一眼レフを一度使ってしまうと、コンパクトデジカメには戻れないとも言われます。

一眼レフカメラというと、大がかりなカメラを想像しがちですめ。やはり、デジタルとはいえ通常に比べて大きめです。価格はかなり幅広くありますから、気になるものからチェックしてみてください。望遠などにもこだわりたい人は、レンズの価格とカメラの価格の両方から検討する必要があります。それなりにいい写真を撮影しようと思ったら、数種類のレンズが必要になりますから、そのカメラに合うレンズにはどんな種類があるのかなども、最初に確認しておくといいでしょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2012 一眼レフ All Rights Reserved.

お笑い芸人